2015年05月15日

マインドマップの利用


マインドマップを学習に取り入れて成果を上げている人がいます。
小中学校や塾で活用したり、資格試験に利用している人もいます。


マインドマップは発想ツールとしてまず認知されたと思います。
新しい発想を引き出す時などに使うイメージがありますよね。


でも、実は記憶するためのツールでもあるのです。


関連する知識を1つの図にまとめるので覚えやすい形になります。
関連性の強いノードは線で結ばれますが、
それらは一方から他方を思い出しやすい関係でもあります。


つまり、覚えやすく思い出しやすいのがマインドマップ。
勉強の有用なツールであることがわかります。


マインドマップの作成は手書きで行うのが良いと思います。
印象的な装飾もできるし、愛着もわくので。


でも、パソコン上で利用したいという場合は、
FreeMindというソフトもあるので利用するとよいです。
私も利用したことがありますが、フリーソフトでした。


posted by Zerlina at 15:45| 学習の基礎知識 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。