2015年02月07日

数学の公式


数学にはたくさんの公式があります。
公式を覚えていると問題を解くのに有利なことが多いのですが、
ただ丸暗記しても使えるものではありません。


数学の公式を応用するには、
その表している内容を理解している必要があります。


例えば、その公式を適用することのできる条件を知っていること。
これを知らないと間違って使い、誤った答えを導いてしまいます。


また、実際の適用例をいくつか知っていることも需要です。
問題を見たときにイメージがわくからです。


数学の公式は深く知っていればそれだけスムーズに適用できます。
その意味で重要なのが、公式の導き方を理解していること。
何も見ずに自分で導けるのが理想です。


公式は一般に数式で表現されますが、
図形的に理解できるものも多くあります。
そういったものでは、必ず図形的な意味を理解しておきましょう。


ここまで数学の公式について書きましたが、
数学の定理や物理の法則なども同様です。
また、法律の条文も似た面があります。


タグ:学習 数学
posted by Zerlina at 18:17| 学習の基礎知識 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。