2015年07月22日

予備校・塾まかせにしない


受験対策で意外と陥りやすいワナがあります。


それは、予備校・塾まかせにしてしまうという事。
特に、実績のある予備校や塾に通うと、そうなるかもしれません。


素晴らしい実績を誇る予備校・塾に通っていても、
成績があまり伸びなかったり、試験に合格できない人がいます。
試験結果は、ある程度の運/不運があるにしても、
成績が伸びないのは何故だろうと、悩む人も少なくありません。


どんな良いカリキュラムで、優れた先生が教えていても、
自分に合っていなければ効果は出ないでしょう。


一般的な予備校・塾のカリキュラムは大勢の受験生を対象としたもの。
個別の受験生の都合を考慮してなどいません。


だから、個別の受験生について見ると、
もっと詳しくやさしく説明してほしいと思うところや、
逆に、くどくどやる必要のないところが出てきます。


つまり、効率が良くないのです。
もともと勉強が苦手な人だと、成績アップは苦しいです。


自分が勉強すべき項目は何なのか?
やはり、それを考えながら主体性をもって勉強するべきでしょう。


タグ:受験勉強
posted by Zerlina at 10:41| 学習の基礎知識 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。